樹木の元に遺骨を埋葬する樹木葬が人気

樹木葬と言う新しい埋葬の方法が話題になっています。
これまでのような墓石を建てて作られるお墓とは異なり、墓石のかわりに樹木を植え、その根元に遺骨を埋葬するという自然葬の一部です。

自然にかえることを望む方法としては遺骨を粉砕してまくという散骨と言う方法もありますが、樹木葬は墓地として行政から許可を受けた墓地に埋葬すると言う点で散骨とは大きく異なります。
墓石を作らず植林や花木などを墓標にし、その根元に自然な形で遺骨を埋葬するというもので、シンボルツリーの周囲に集団で埋葬する方法や、一件ずつ樹木を植えてその根元に遺骨を埋葬する方法などがあります。

これまでお墓は家督を相続するものが後の世代にまでお墓を守ってゆくという考え方が一般的でしたが、核家族化や晩婚化が進んでいる現代社会では、お墓を継承する人がいないという人が増えているといわれています。

ジョルダンニュース!の情報を得られます。

そのためこれまでのような形のお墓を建てるためには継承者がいない人は中々難しいと言う問題がありました。



樹木葬は信仰する宗教に関係なく、さらにお墓の継承者がいない人でも利用することができる埋葬方法です。

遺された遺族がお墓の管理をする負担もなく、一般的なお墓を持つよりも費用面でも負担が軽くすむところが多いのも大きな特徴です。

埼玉の樹木葬情報はすぐに役立ちます。

自分が死んだ後の事を生前に準備しておく終活がさかんですが、事前に樹木葬を希望することを意思表示しておくことで、遺された遺族がお墓の心配をする負担が軽減されることも多くの人々に選ばれている理由のひとつです。