お墓を建てる必要がない永代供養墓

金銭的な問題で、お墓を準備できない人のために、永代供養墓というものが提供されています。一つのお墓や納骨堂などに、他の人のお骨と一緒に納める方法ですので、個別にお墓を用意する必要がなく、安く故人を弔うことができます。
別の人と同じお墓に入ったり、安さを追求するなどの行為に対し、あまりよい印象を持たない人もいますが、時代の変化に伴い、永代供養墓の需要は増えていますので、あまり気にすることはありません。



料金は一式で納めるようになり、一度支払ったらその後の費用は一切かからないことがほとんどです。



供養もお寺や霊園側がやってくれます。

明日に役立つlivedoorニュースの基本知識を紹介しています。

ただし、永代供養墓に納めた遺骨は、返却できないことがよくありますので、その点を事前に十分理解してから、利用するようにしたいところです。

料金は30万円~50万円が相場ですが、10万円くらいで済む安いものも見かけられるようになっています。


全てのお寺や霊園で、永代供養墓が利用できるとは限りませんので、事前に問い合わせておくと安心です。

基本的には宗派に関係なく、利用できるようになっています。

本人や遺族が納得できるのであれば、宗派にこだわる必要がありません。

あまり数は多くありませんが、信仰することや檀家になることを条件にするお寺も存在しますので、申し込みの際にはよく条件を確認しておきましょう。


金銭的な問題だけでなく、お墓参りになかなか行くことのできない家族にとっても、手間のいらない永代供養墓は人気があります。