ハワイの海に自然葬をする場合の流れ

近頃静かなブームとなっている自然葬ですが、故人を冷たくて暗いお墓の下に埋葬するよりは自然の中に戻っていった方がいいのでは問う価値観の誕生の影響があるようです。
現実的な理由では高齢者の単独世帯の増加や、自分の死後にかかるお金で家族の負担になりたくないという弔われる側の意向、お墓の維持や管理の困難さから墓じまいをしておきたいなどの理由があります。

ジョルダンニュース!に関するお役立ちコンテンツ満載です。

自然葬の中でも海洋葬では、散骨が伝統的に行われているハワイでも可能です。

ハワイという日常から離れた場所で弔うことで、遺族も辛い思いから少しは解放されるのではないでしょうか。

服装ですが、ハワイでは喪服やスーツよりはアロハシャツとズボンといった格好の方の方が適しています。



教会や寺院の方を招く場合はよりフォーマルな方が失礼になりません。散骨会社によって細かいやり方に差があるように、ハワイで自然葬を行う場合にも会社によって違いがあります。

打ち合わせを円滑にするためにも日本の方が経営しているところのように確実に日本人スタッフがいるところの方がスムーズです。

散骨の予約を日本でしてから現地に行くことになりますが、ハワイについてからはまずはコーディネーターとの打ち合わせをして細かい取り決めや説明を受けてから、小型のボートなどに乗って散骨をします。

散骨前にチャントと呼ばれる散骨をハワイの自然や神さまに認めてもらうためのフラを踊る伝統的な儀式を行うかどうかを選択できます。

散骨時にはハワイらしくレイを海にささげます。