自然葬をご存知ですか

自然葬をご存知ですか。
従来型のお墓に自分の骨を収めるのではなく、遺灰を海や山など自然のなかに撒くことで、お墓を持たない弔いのやり方です。

近年、この自然葬を生前に選択する人も出てきていて、注目されています。

じつは日本でも古代から、遺体や遺灰は海や山に還すのが主流だったという歴史的なこともあり、お墓に入るのが一般化したのは江戸時代以降とされます。

取り立てて新しいことをしているのではないとも言えます。

遺骨を自然に還すことで、自分が自然に還るような気分になるという精神的な本人の満足感や考え方がまず第一にあるのが基本です。
余計な墓という人工物を増やさないことで、環境を守るという意味合いもあるとも言います。


ただ、それだけでなく、核家族化や少子化によりこれまでの仏教寺による檀家形式の墓の管理体制が維持できなくなってきていることも背景にあると言われています。



この自然葬という言葉は、ある葬送関連の自由を求める理念を持った市民運動団体が1991年に、発足にあたって起草した会結成の趣旨の中で初めて使われたとされ、日本においては比較的近年の概念です。

様々な分野の47NEWSについての知識を高めてもらうためのサイトです。

その反響は大きく、数年後には辞書や用語辞典に載るほどの認知の広がりを見せ、今日に至っています。

日本の法律上は遺灰を海・山にまくことは、それが節度ある方法で行われるならば違法ではないとされています。



自然葬は基本的に亡くなった人が生前、これを行う意志を明確に示したうえで行われるのが普通です。

現在では自然葬への認識が一般化していることもあり、請け負う業者もあります。
あなたも生前に選択することができます。