お寺が遺骨の供養と管理を行う永代供養

一般のお墓は、それぞれの後継ぎが継承して行き管理や供養を行うものですが、永代供養は、お寺が遺族の代わりに故人遺骨を管理して、永年にわたって供養を行うものです。

永代供養にもお寺次第で遺骨を預かったのちに、合祀墓に納められます。

これまでの一定の期間では、個別に安置するお寺もあります。



お盆やお彼岸などの法要では、合同でお経を唱える供養を行います。

永代供養にも、予め契約をする際に一式の費用を支払えば、年間管理費も不要になります。

livedoorニュースに関連した書きかけ項目です。

始めに説明を受けた費用以上の追加料金は一切必要ないのため、分かりやすいというのも特徴です。

しかも、お寺に永代供養をしてもらう際に檀家になる必要もありません。


永代供養は、仏教だけではなく全宗教にも対応しているので安心です。


お寺が責任を持って遺骨の供養を行ってくれるため、子供が居ない方や生涯独身であった方、後継ぎを何らかの事情で亡くしてしまった方などでも管理を任せることが出来ます。

お墓の建立から墓所の購入、維持管理は、負担を感じてしまうケースが増加しています。その負担を子供に感じさせたくないと言う理由で、選ぶ方もいます。



そのためにも、選ぶ際にはお寺の住職と面談をして詳しい内容に納得が行くことが重要です。

費用もお寺で違いがありますが、出来るだけ居住地に近いお寺で検討するのが、面談などの際にもメリットがあると言えるでしょう。

アクセスのしやすさだけではなく、周辺環境の良さも視野に入れて検討するのが望ましいと言えます。